スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃん。

久方ぶりに帰省してきました。
何年ぶりだろう。ちょうど父の13回忌が2010年、その翌年が東日本大震災で、それ以来でした。
実は8月の頭の時点で、父方の祖母が、原因不明の出血を起こし、もう間もないかもしれない、
という連絡を受けていました。

今すぐにでも駆けつけたかったのですが、母の都合もあって、お盆までお預けになってしまいました。

もちろん、めちゃくちゃ心配でした。
覚悟してください、というようなことをお医者さんが言っているし、
何より、「血が止まらない…」という状況が、どう考えても絶対危ない。
しかし、近頃の病院はチェックがキビシイから、私と妹だけではきっと面会できないだろう、
ということで、祖母の力を信じるしか無い、という2週間でした。

そんな私に、周りの人たちの方がよっぽど、
「大丈夫?!ホントに行かなくて大丈夫?!」めちゃくちゃ心配してくれました。

きっと、そちらの方が、自然な反応だと思う…私は妙なところで、落ち着き払っているところがあるらしいので、
なおのことみんなには心配かけたのだと思いますが、自分としては、祖母のことを何よりも信じていました。

なが~い2週間を経て、ようやく福島の地へたどり着きまして、
私たちを待っていたのは、な、なんと…


祖母 退院の巻!!



という嬉しいニュースでした!
ていうか、オカーサン、あなた状況把握してるなら、早くそれを言ってくれ~!!!

祖母の原因不明の出血はすっかり収まり、さっさと退院、元の生活に戻っていたのでした。
それを母方の祖母から聞いた瞬間、ガッツポーズでした。

すごいよ、ばあちゃん、今回も圧勝だよ。

実は祖母、40代の頃からメニエール症候群を患い、
私が幼稚園の頃に大腸がんを患い、
数年前には脳梗塞を3発、食らっている。
それだけじゃない、私以上に苦労の多い、超ハードモードな人生を生きてきた。
若くしてお母さんを失い、
(最期にあんこうを食べたい、とお母さんが言うので、まだ17歳だった祖母は必死にさばいて、一口食べたら、そのまま息を引き取ったと。うなぎでも大変なのに、あんこうは大変だ…。)
頼みの綱であるお兄さんも、職場での不慮の事故で亡くなり、看護婦さんとして働いていたら、空襲警報で、必死に妊婦さんを連れて逃げたと。
そして、結婚。息子・娘に恵まれ、孫もできたのに、息子(私の父)・夫・娘、そして祖母の弟、連続でみんな亡くなってしまった。
そして、孫と嫁は、わけのわからん事件に巻き込まれ、謎の人物から電話掛かって来るし、会いに行ってみたものの単なるお金取りだし、孫本人も保護から帰ってきたと思いきや、わんわん泣いて電話かかって来るし…。
(祖母がK弁たちに何か言ったのかと本気で思っていました。本当は守ってくれていたのに。連れ回され、追い回され、誰も信じられないと、気持ちの余裕が無かったとはいえ、本当に申し訳なかったです。)

最初の脳梗塞で倒れた日、ちょうどグッドタイミングで祖母宅にいた私に、
「周りの人たちがどんどん先に行ってしまって、本当につらい。でも私はね、みんなの命を頂いて生きているのよ…みんなに生かされているのよ…そう思っている。」
と言っていたことが思い浮かびます。

きっと、そんな祖母だから、今回も奇跡が起きたのだと、私は勝手に思っています。

思い起こせば、私は良くも悪くも、この父方の祖母の影響を相当強く受けている。
幼いころ、私は祖母の趣味である写真&ビデオ撮影の格好の被写体となり、
妹が生まれるということで、祖父母宅に預けられた時は、電動ベッドに大興奮の上、
ベッドの上で、絵本の読み聞かせではなく、小さなテレビでディズニービデオを見せてもらい
(だからガジェット好き、かつそれらを寝床で使って寝落ちするようになったに違いない。)
一緒にきかんしゃトーマスのビデオを観てたら「このビデオはナレーションがいいのよ。だれだっぺ。(クレジット見て)森本レオね。この人いいわ~。」と感想を漏らしていたので、「そういう見方もあるんだ!」と目からウロコ(by 幼稚園児)で、一種の声オタ?となり、
写真撮られるばっかりなので、撮る方にも興味を持ち、メニエール症候群持ちにもかかわらず、祖母自主製作のビデオのBGMはセンスがいいと一部で評判だったので、ビデオ編集にも興味を持ち…祖母みたいに選曲のセンスを磨きたいからジャンルの幅を広げるかとラジオに手を出し、試聴用CDを聴きたいがためにレコ店に足を伸ばし…
(音楽関係は父親の影響だと思ってましたが、こうして思い出すと、きっかけは祖母も含んでいた。)

うーん、挙げればきりがない!

私の育てのママ兼うちの社長のJさんと一緒に祖母宅へあいさつに行ったときなんか、
私の黒歴史(!)を延々と語られたあげく、
「この子はねぇ、ほんとに、男だったらいいエンジニアですよ。おもちゃ屋さんより電気屋さんに連れて行った方が喜んでねぇ…」
と自慢されてしまい、赤面しながら聞いたこの祖母の発言が、
今まさにそんな感じのポジションになってきている…。

そんな近況報告が元気なうちにできて本当に良かった。

今の私は、恥ずかしながら、裁判云々以来、社内の便利屋さん的なポジションを保っていて、実はこれといった定職?が無いのですが、
昨年あたりから、サウンドエンジニアの見習いとして修行中です。

見習いって言っても、次元が低くて…

まずは楽典から始めましょう。というレベルに始まって、
私「先生、コードって何…でしょう…? Source code の方は知っていますが…」

1音あげるってなに?(カラオケめったに行かない)
セクション記号?え、それ重要だったの?ガーン(会心のミス)

私の先生方がちゃっちゃと音をつないだり切ったり直してるのを見て(顔には出さずに)「おおっっ!スゲェェェェ(キラキラ)」

先生が「ここは弦に合わせて…」とか言っていると「えーと、どのへんだ?!」
と心で大騒ぎという、サウンドの方のエンジニアとしてはかなり悲惨なレベルからのスタートですが、
ミックスに限らず、神なマスタリングもビフォーとアフターを聴かせてもらって、音楽というのはこうして出来上がるんだと、
感動を覚えながら、色々やっています…。

ひとまず、胸の内に秘めた目標として、山のように積まれたリールとDATテープをデジタル化&再ミックス、リマスタリングできるレベルまであと2年か3年のうちには頑張って成長したい、そう思っています。

次、祖母に会うときにはもっと上達して、本当にエンジニアになった報告ができるように
がんばる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブーちゃんマン

Author:ブーちゃんマン
「子供たちからの声」管理人
A型 おひつじ座 左利き 字が汚い..orz


流行にのって(笑)ネット上でもいろんなところに顔出してますので、見かけたらよろしくしてくださいませませ。

Mixi

前略プロフ

Twitter

タグ一覧

雑記 独り言 紀藤弁護士 HTP お知らせ 思い出 妹シリーズ はじめまして 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ニュース
月別アーカイブ
BlogPet
その他いろいろ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
今度使ってみたいサービス




RSSフィード
QRコード
QRコード
あわせて読んでね

あわせて読みたい

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキング参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。