スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新:実はこんなことがありました

こんばんは。

超久しぶりに更新をします、ブーちゃんマンです。


前回の記事から、なんと20日も経ってしまいましたので、またもや沢山の方にご心配をおかけしてしまったこと、お詫びします。

実はかくかくしかじか、いろいろありまして…

ようやく、ひと段落ついたので、何があったかをこのブログに記したいと思います。


私の父方の祖母が、脳梗塞を起こしてしまい、入院してしまいました。

実際は2回起こしているのですが、1回目はどこの病院も満床で、点滴を受けたあと自宅に帰ったんだそうです。

先週たまたま、久々におばあちゃんちに行きたいね、ということで祖母に電話をしたら、ちょうど祖母が病院から自宅に戻ったところでした。

母も私もびっくり仰天、翌日の朝一に那須を出発し福島へ向かったところ、祖母は近所のお医者さんで点滴を受けているところでした。

診察室で点滴を受けていた祖母は、私達親子の姿を見て、泣いて喜んでくれました。

しかし、祖母の様子を見て、母が母方の祖母に電話をしたところ、母方の祖母は
「ちーちゃんかさっちゃん(私の上の妹)、どちらかをお義母さんのところに置いて行った方がいいよ。」
というので、私が残ることにし、母と妹は家に帰りました。


翌日の朝方、まだ薄暗い5時ごろだったと思います。
私は祖母の寝室の隣にある部屋で寝ていたのですが、なんだかうるさいと思ったら、
祖母がドアを杖で叩いていました。

寝ぼけ顔でドアを開けると、廊下に祖母が足を伸ばした姿勢で座っていました。
祖母曰く、トイレに行こうとしたら、足に力が入らずベッドから転がり落ちてしまい、寝室からやっとの思いで隣の部屋までたどり着いたということでした。

祖母の様子を見て、私は顔面蒼白でした。
何しろ、立たせることができません。
私がどんなに立ち上がらせようとしても全然ダメ。
祖母と2人で、ゴム紐を使ってみたり、腰掛を持ってきたり、杖を2本にしてみたり、ありとあらゆる手段を尽くして、やっとの思いでトイレを済ませ、祖母が寝付いた頃に私は母に電話をし祖母の様子を話しました。
そして、かかりつけのお医者さんにも祖母の様子を知らせたところ、
お医者さんは、祖母が自宅に帰ってから、ずっと受け入れてくれる病院を探してくれていたのですが、どこもかしこも満床で、どこもあてがない、というお話しでした。

祖母の家から歩いて1分もかからないくらいの近所にあるクリニックさんですが、
今の祖母の状態ではとても連れてゆけないことを伝えたら、自宅まで点滴を打ちに来て下さるとのこと。

目を覚ました祖母にそのことを伝えたら、早速来て頂くことに。

祖母が自分で携帯電話からクリニックさんに電話をしたのですが、
なんだか呂律がおかしい…。


早速、お医者さんが看護婦さんを連れて、家に来てくださったんですが、
祖母の様子を見るなり、救急を呼んだ方がいいと。

目まぐるしいスピードで、病院への連絡、紹介状の書きなおし、ありとあらゆる手配をして下さったんですが、
私は横でうろたえながら、とりあえず祖母のハンドバッグと自分のバッグを準備しました。

そんなことをしている間に救急車到着。初めて救急車に乗りました。

そしてあっという間に病院に到着。

日曜だったので、当直の先生が診察した結果、祖母は入院することになってしまいました。
ちょうどベッドに空きができたんだと思います。

病状は、呂律が回らず、左半身にしびれがある程度で収まり、意識ははっきりとしているから、脳梗塞は間違いないが、軽症で済んだとのお話しでした。

救急車騒ぎの直前に、祖母と同じマンションに住んでいるおばさんが家に訪ねてこられたところだったので、入院の準備や、必要なもの、買いそろえなくてはならないもの、何から何まで助けてくださいました。
そのおばさんも、つい先日お母様が入院されたということで、何から何まで親身になって教えて下さり、本当に助かりました。
おばさんが実家のお父様の食事の支度をするために戻られたあとは、一気に意気消沈。
かなり頑張りましたが、それでも不安で一杯、心細くてしかたがありませんでした。

でも、一番怖かったのは祖母です。
救急車に乗り込む直前、乗り込んだ後、病院についてからも祖母は担架の上で、
「怖い、怖い」
と言っていました。
祖母はとても気丈な人ですが、あんなに怖がっている姿は生まれて初めて見ました。

私も怖くてしょうがなく、ひょっとして祖母が歩けなくなってしまうのでは?という不安で一杯で、
祖母に声のひとつもかけてあげられなかったのが、心残りです。


さて、とても長くなってしまいましたが、これでもまだまだ氷山の一角。

この後、私は会社を休んで、祖母の看病のために一人で祖母の家に泊ってました。
初めての一人暮らしです(苦笑)

ちなみに、祖母は見る見る間に回復し、今は元気にリハビリ科で車いすを乗り回しています(笑)
まだ歩くことは出来ませんが、入院から4日目には私の支え無しで立つこともできるようになりました(涙)
そんな回復劇の一部始終を見てしまいましたので、落ち着いたらブログに書こう!と思いました。


なので、しばらく続きます。
スポンサーサイト
プロフィール

ブーちゃんマン

Author:ブーちゃんマン
「子供たちからの声」管理人
A型 おひつじ座 左利き 字が汚い..orz


流行にのって(笑)ネット上でもいろんなところに顔出してますので、見かけたらよろしくしてくださいませませ。

Mixi

前略プロフ

Twitter

タグ一覧

雑記 独り言 紀藤弁護士 HTP お知らせ 思い出 妹シリーズ はじめまして 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ニュース
月別アーカイブ
BlogPet
その他いろいろ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
今度使ってみたいサービス




RSSフィード
QRコード
QRコード
あわせて読んでね

あわせて読みたい

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキング参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。