スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今はとりあえず元気でなにより

昨日、震災が起こってから初めて、祖母と電話で話をしました。

避難区域/屋内退避区域が拡大したのを受け、
祖父母はしばらく茨城の母方の親類のもとに避難していたのですが、
母方の祖父が種まきの時期を心配し、なんと福島へ帰ってきてしまったのだ。

積もる話は山のようにあり、わーわーとやかましくしゃべったしゃべった。

祖母は体が冷えて、昨年のように呂律が回らなくなっていたのがやっと治ったところだ、とのこと。

いたたまれなかった。

そこで、私のたっての願いを伝えてみた。

「おばあちゃん、一緒に暮らそう。今度こそ、一緒に暮らしたい。」

答えは、No でした。

いわきの地を離れたくないと。

前なら、私が祖母と一緒に暮らす、ということも考えた。
でも今は、震災後のパニックで、町はすっかりゴーストタウン。
そんな状況下で祖母を居させるのは、正直耐えられない。

祖母は力強く、「私は大丈夫だから」と答えた。
今回も、私は彼女を動かすことはできなかった。

でもそれが祖母の気持ちなら、それを壊すこともしたくない。

3月だというのに、まだまだ雪がちらつきます。

こんなに寒い上に土壌が汚染されて、祖父の畑はどうなってしまうんだろう、
また、この寒波で作物が不作になったら、食糧難になるのでは?

などなど、不安はつきません。


でもまぁ、当面はこれ以上悪くなることは、きっと無いでしょう。

そんなことを思う、今日この頃でした。
スポンサーサイト

10日経ちました

あの恐ろしい震災から、10日経ちました。

今も続く余震。

今までだったら地震だ!と大騒ぎするレベルの余震ですが、
だいぶ慣れてきました。

ここ1週間くらいは夜全然寝れなくて、変な時間に一気に睡魔が襲う、なんてこともありました。


そして、地震に続く、津波・原発問題。

私の祖父母は福島に住んでいるのですが、幸いそこまで海沿いではありませんでしたので、
怪我なく、無事でいてくれたのですが、
福島第一原発から30km圏内に住んでいるため、現在、遠くの親戚のもとに一時避難しています。
(自宅待機勧告が出るか出ないかのタイミングで、「これはやばい」と脱出。
ちょっと遅かったら出られませんでした。)

栃木県はガソリン・食料品がかなり品薄になりました。
先日も母が必死になってスタンドに向かってもどこも品切れで、目を真っ赤にして帰宅しました。

けして買いだめしたいのではなく 生活に必要な最低限の量を入れたいだけなのに。
メーターを見ながら、はらはらと運転する日々。
自転車や電車で通勤できればいいのですが、那須での移動は、車が必須なのです。

これまでの暮らしがどんなに豊かな暮らしだったか、今になって思い知らされます。

ニュースを見るたびに、胸がつぶれそうになります。

命あるだけで、ありがたい。


この気持ちは、絶対に忘れません。

恐ろしい大地震。

3月11日14時46分。
今日体験した地震のことは多分一生忘れないと思う。怖かった。
何があってどうなったかを寝起きの頭でまとめてみました。



私はその時、会社で仕事をしていましたが、
ものすごい揺れで、机の下に身を隠す、なんてレベルではありませんでした。

同じ部屋にいたスタッフ全員、あたふた状態。


隣の部屋では、水槽の水が溢れて水浸し。


あちこちから物が落ちて割れる音。


なかなかおさまらない揺れ。
私の上司ちゃんが、外に飛び出し、「みんな外に逃げて!!」と叫んだ。

私は玄関の戸を押さえながら、「逃げてー逃げてー」と叫びまくり。

皆で雪の中に飛び出し、全員が出たとわかった瞬間、大きな揺れはおさまった。


会社の中は大変な状態。


CDの在庫が崩れて中身が飛び出し、多分相当割れちゃってましたが、
今日は固まって行動しようということで、一旦放置。


他のオフィスの皆も全員無事。
家の中はめちゃくちゃだけど、誰もケガはしていません。


遠くに出張に出ているスタッフさんは、幸いにも一番地震の影響を受けない地域にいて、津波に襲われなくてよかった。


福島県にいる、私の祖父母の安否がわからなかったので、叔父にメールで連絡。
全員、無事を確認。


まさやさんからも、私の祖母の安否を心配する電話がかかってきました。
無事を確認してほっとしています。


とりあえず、私の家族、会社の大切な仲間達、全員無事でした。

本当に、よかった。


20時過ぎから寝てみたものの、横になると余震の揺れが感じられ、まるで船に乗っているようでした。
寝たような寝てないような微妙な気分です。

今、テレビで、東北各地の被害状況を見て驚いています。


世界で5番目に大きな地震とか…


先日のニュージーランド地震に続いてまさかこんな大地震がくるとは…なんだか恐ろしいです。

21歳 最後の月になりました

3月です。
あと1月で私はまた1つ年をとります。

誕生日と聞くと
うははははーい!おたんじょーうびー♪

と大はしゃぎしていたのですが、

最近は


ああ。。。。また誕生日が来てもうた…orz


と 時間の早さに orz orz orz orz

する日になりました。

人のはうれしいんですが、自分のは素直に喜べない…(^▽^;)


今のところ、老けた感じはあまりなく、
むしろ子供の頃から老けていたから
やっと年齢が追いついてきた(笑)という感覚ですが、
そのうちガタが出てくるんだろうなぁ~と思うと、
人生は早いです。

今私がやってる仕事、多分はじめて4年目になりますが、
こんなに年月をかけてようやく、兆しが見えてきたかなぁ~~
という状況。
自分の力不足で凄い事業もなんだかなぁ~状態にしちゃっているため、
会社には本当に申し訳ないかぎりですが、
それでもやらせてもらえてありがたいです。

よく冗談で、よその会社のほうがより能力を伸ばせるんじゃないの?
と言われますが、
「い~や!私ゃこの会社でやりたいことがあるの!」
と一蹴(?)しています。


私がやりたいことは、

私の父親がそうだったように、
余命を宣告されたり、いろんな理由で人生の崖っぷちに立たされている人々の支えになること。
私のことを可愛がってくれた祖父や叔母にしてあげたかったことです。
父も、祖父も、叔母も、死んじゃったからもうできない(´;ω;`

そのための音楽を作っている会社に勤められたのは幸せなこと。
出来なかった分、より沢山の人の支えになる商品を届けたいんです。

書くのは簡単。
あとはやるだけ。
今年こそ、その目標めざしてがんばろう。


ところで最近、
一番下の妹が空前のアンパンマンブームで(笑)
上の妹に次ぐ第二次アンパンマン旋風が
わが家では吹き荒れています。

上の妹のブーム終了から久しくアンパンマンなんて観なかったので
かなり新鮮です。

そしてキャラクターソングの多いこと多いこと(笑)

すべて作詞はやなせたかしさん。
凄い(゚д゚)!

歌詞を見て、さらに凄い(゚д゚)!


アンパンマンって深いアニメだなぁ。

と改めて思いました。
プロフィール

ブーちゃんマン

Author:ブーちゃんマン
「子供たちからの声」管理人
A型 おひつじ座 左利き 字が汚い..orz


流行にのって(笑)ネット上でもいろんなところに顔出してますので、見かけたらよろしくしてくださいませませ。

Mixi

前略プロフ

Twitter

タグ一覧

雑記 独り言 紀藤弁護士 HTP お知らせ 思い出 妹シリーズ はじめまして 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ニュース
月別アーカイブ
BlogPet
その他いろいろ

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
今度使ってみたいサービス




RSSフィード
QRコード
QRコード
あわせて読んでね

あわせて読みたい

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキング参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。